So-net無料ブログ作成

卓球シングルス戦略&練習メニュー [練習法]

佐藤真二監修
日東書院

フットワークに関する練習法が50。
サービス練習が11。
レシーブ練習が8。
5球目攻撃が7。
4球目攻撃が7。
合計83種類の練習法が載っている。

フットワークは多球練習ではなくて、1球での練習を前提としているようだ。
とすれば、これらの練習ができることそのもので、けっこうなレベルでなくてはならない。
フットワーク部門は3つに分かれている。

1つめが基礎のフットワーク。
相手がバックでブロックするのを基本に、23種類が紹介してある。

2つめが正確に打ち分けるためのフットワーク。
これはコースの打ち分けの練習のため練習相手もかなりの技術水準が必要か。
14種類。

3つめが相手の攻撃に応じたフットワーク。
ランダムを入れてある。
13種類。


どれも写真もごく少なく、台の図がほとんど。濃縮したら、20ページには収まりそうだが、この練習をきちんとこなしてみないと本当のこの本の価値はわからないのかもしれない。

ほんとうにまったく関係ないのだが、
初版第1刷が2011年10月25日。ガロアの生誕200周年の日である。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。